看護専門 学校案内

HOME > 学校案内 > 学校長挨拶

学校長挨拶

心温まる看護を提供できる看護師の育成をめざします

本校は、1966年准看護婦学校として開校し、栃木県厚生連塩谷看護専門学校を経て、国際医療福祉大学グループにより、2009年4月に現在の国際医療福祉大学塩谷看護専門学校となりました。以来、国際医療福祉大学の掲げる「チーム医療・チームケアに貢献できるエキスパートの育成」をモットーに、行き届いた看護教育と、それに応える気力あふれる学生の力でめざましい発展を遂げ、常に高い看護師国家試験合格率を維持する、栃木県内でも有数の看護学校となりました。

学校長  岩本 俊彦

国際医療福祉大学は、保健医療福祉分野を統合した、わが国初の総合大学で、「生命の尊厳、生命の平等」を共通理念として掲げ、栃木県はもとより、全国各地にある多数の附属・関連施設との間でネットワークを作っております。本校もその一翼を担う施設として、恵まれた教育環境にあり、それ故、ひときわ充実した臨地実習を行っているのが本校の特長であると自負しております。

現代の医療は、患者を中心に多くの専門家が多職種連携チームを作り、お互いの情報を共有しながらそれぞれの役割を果たすというものです。ここに本学のモットーが活かされることになりますが、なかでも、患者を支える看護師の役割は重要です。この点で、看護師は専門知識、高度な技術、そして人を思いやる心のやさしさの3つの要素が不可欠と云えます。

本校は、これら3つの要素を備える看護師の育成に力を入れております。豊かな専門知識を有し、確かな技術を駆使して、心温まる看護をご提供できる、そんな看護師を本校で一緒にめざしませんか。皆さんの入学をお待ちしております。

塩谷看護専門学校 学校長 岩本 俊彦 プロフィール

学校法人 国際医療福祉大学医学部総合診療医学 教授
国際医療福祉大学塩谷病院 高齢者総合診療科部長
東京医科大学医学部卒、医学博士、名誉教授
元東京医科大学老年病学教授
元東京医科大学病院 病院長
日本老年医学会認定医、指導医、名誉会員
日本老年精神医学会専門医