看護専門 学校案内

HOME > 学校案内 > 学校長挨拶

学校長挨拶

心温まる看護を提供できる看護師の育成をめざします

本校は2009 年4 月、国際医療福祉大学グループによる承継により、栃木県厚生連塩谷看護専門学校から国際医療福祉大学塩谷看護専門学校となりました。本年で9 年目になりますが、この間、充実した教育とそれに応える気力あふれる学生の力でめざましい発展を遂げ、常に高い看護師国家試験合格率を維持する、栃木県内でも有数の看護学校となりました。

学校長  江口 光興

国際医療福祉大学は、保健・医療福祉分野を統合した、わが国初の総合大学です。栃木県内はもとより、全国各地に多数の附属・関連施設を有するグループとして、臨地実習も充実しているのが特長です。本校はグループの一員として、その一翼を担う、大変意義深い専門学校です。

現代の医療は多くの専門家が患者を中心としてチームをつくって取り組むものですが、そのなかでも、看護師の占める位置は極めて重要です。看護師は専門知識、高度な技術、人を思う心のやさしさの3 つの要素が不可欠です。本校は、これらの3 つの要素を備える看護師をめざして教育をしております。豊かな専門知識を有し、確かな技術を駆使して、心温まる看護をご提供できる、そんな看護師を本校で一緒にめざしませんか。皆さんの入学をお待ちしております。

塩谷看護専門学校 学校長 江口 光興 プロフィール

学校法人 国際医療福祉大学 教授
国際医療福祉大学塩谷病院 名誉院長
信州大学医学部卒、医学博士
元獨協医科大学小児科学教授
元国際医療福祉大学塩谷病院 病院長
日本小児科学会認定小児科専門医
日本美術家連盟会員、日本児童文芸家協会会員