看護専門 入学案内

HOME > 入学案内 > 専門実践教育訓練給付制度について

専門実践教育訓練給付制度について

専門実践教育訓練給付制度について

平成27年4月より本校「看護学科」では、厚生労働省が指定する「専門実践教育訓練給付金制度」の対象講座に指定されました。この制度は平成27年度入学生から適用されます。
(指定有効期間:平成27年4月1日~平成30年3月31日)
社会人(就労経験者)の方はこの制度を利用して看護師を目指してみませんか。


【専門実践教育訓練給付制度とは】
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。
※詳しい説明は、厚生労働省ホームページからご確認いただけます。


【給付対象者の条件】

  1. 初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
  2. 平成27年4月1日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者を有している方
  3. 平成27年4月1日以降に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません。)


【給付見込み額】
受講者が支払った教育訓練経費の、40%に相当します(年間上限32万円)。
更に、受講修了日から一年以内に資格取得し、雇用保険被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合には20%を追加給付されます(合計60%、年間上限48万円)。
※本科では、入学金、授業料及教科書代が教育訓練経費の対象となります。

また、初めて専門実践教育訓練を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合、訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。(年間上限額あり)


【申請方法・問い合わせ】
支給対象の要件、申請方法等につきましては、ご自分の住所を管轄するハローワークにお問い合わせください。
ハローワークでの手続きは受講開始日(本校入学式)の1ヵ月前までに終えておく必要がありますので、早めに手続きを行ってください。