先輩からのメッセージ

HOME > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

卒業生

2017年度卒業 国際医療福祉大学塩谷病院 勤務 M・K さん

私は東日本大震災を経験して、看護師を目指しました。入学してから、難しい医療用語を覚えたり、慣れない看護技術に戸惑いながらも、同じ夢を持っているクラスメイトと共に乗り越えてきました。学校で学んだことは実習でも役立ち、患者様に適切な看護を提供できます。実習の時に受け持った患者様からの「ありがとう」という感謝の言葉が私を成長させ、看護師になることができたのだと思います。
現在、国際医療福祉大学塩谷病院の循環器内科に勤務しています。日々患者様と関わりながら、自分にできることは何かを考えさせられています。担当の患者様が回復して退院する姿を見ると、とても嬉しくてたまらなくなります。これからも患者様に寄り添い、希望を与えられるような看護師になれるよう、日々成長していきたいです。

2017年度卒業 国際医療福祉大学病院 勤務 I・M さん

私は小さい頃から看護師を志していました。オープンキャンパスに参加した際にアットホームな雰囲気で、関連病院があり、実習の際の学習環境が整っていることに魅力を感じ入学をしました。
また、学生寮があるので友人と勉強したり、休日には一緒に遊んで過ごすことができました。それは、遠方から来た私にとって心の支えになりました。卒業後は、関連病院である国際医療福祉大学病院に就職しました。NICU(新生児集中治療管理室 Neonatal Intensive Care Unit)で看護師として1年働き、新生児やそのご家族のサポートを行う中で助産師になりたいと思うようになりました。そして、国際医療福祉大学病院長推薦で助産学校入学試験に合格し、助産師の夢を叶えることができました。
つらいことはありましたが、看護学校での経験や仲間との交流が今の自分の支えになっています。これからもこの経験を忘れずに成長していきたいと思っています。

2010年度卒業 国際医療福祉大学 勤務 H・Y さん

私は30歳を過ぎてから社会人入試でこの学校に入学しました。入学当初は、学業・実習と家事・育児を両立できるのか不安に感じていましたが、先生方やクラスの仲間たちの支えもあり、とても充実した3年間を過ごすことができました。卒業後は、大学に編入し保健師資格を取得しました。
保健師資格取得後は、まず、病棟で看護師経験を積み、その後、地域包括支援センターの保健師となりました。その後、長期履修制度を利用し、勤務を続けながら大学院修士課程看護学分野で学びを深め、大学院修士課程を修了した現在は、国際医療福祉大学看護学科の教員として講義・演習そして実習を担当しています。現在の私の基盤となっているのは、塩谷看護専門学校での経験です。一致団結し、何事にも一緒に全力で取り組んだクラスの仲間たち、そして、熱い指導をしてくださった先生方と過ごした日々がなつかしく思い出されます。

2019年度卒業 北里大学保健衛生専門学院 臨床工学専攻科 進学 O・H さん

国家試験のことを考えるたび、不安を感じることがありました。でも、いつも周りには同じ目標に向かって支え合う事のできる仲間と、学生を思い励ましてくれる先生方がいました。ひとりでは分からない問題でも仲間同士で説明し合うことで理解が深まり、楽しく勉強をすることができました。先生方が親身になって国家試験への不安を聴いてくださったので、その気持ちが和らぎ勉強に集中することができました。先生方には心のサポートもしていただきました。先生方の支えと仲間との励まし合いによって、国家試験を乗り越えることができました。一緒に頑張ってきた仲間と支えてくれた先生方には心から感謝しています。